SNSでも使える「わかった!」「了解!」「OK!」の英語表現10選

SNS英語
<スポンサーリンク>

これは非常に使う機会が多いですね。

「分かった!」と英語で言いたいときは、“I understand”? ではありません。それだと勉強をしていて分からなかったことが分かるようになったときなどに使うちょっと固い表現、日本語だと「理解しました」に近いものになります。

気軽に「分かった!」と言いたいときにはこれ!というフレーズを紹介しますので、ぜひ使ってみてください。

1.“Sure!”
(わかったよ)

2.“Of course!”
(もちろん!)

3.“Yep!”
(はいよっ!)

4.“Okeydokey!”
(分かった!)

5.“Alright!”
(了解!)

6.“No problem!”
(わかった)

7.“Why not?
(もちろんだよ!”

8.“Roger that!”
(了解!)

9.“Sounds good to me!”
(私はそれで構わないよ)

10.“By all means.”
(もちろんだよ!)

いつもコメントありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました