「危ない」はホントに“dangerous”?

SNS英語
<スポンサーリンク>

「それって危なくない?」なんて言いたいとき、あなたなら何て言いますか?

「危ない」という言葉を聞いて頭にまず思い浮かぶのは、きっと“dangerous”かと思いますが、「危ない」にも、いろいろな英語があるんです。

どれだけ「危ない」のか、その危険度によって使い分けることもできるので、今日はこの機会にぜひ“dangerous”の類義語を覚えてみてください。

1.“The chemicals in paint can be hazardous to our body.”
(ペンキに含まれる化学薬品って人体にとっては危険になりうるんだよ)

2.“This activity is too risky to do with kids.”
(このアクティビティは子供とやるにはちょっと危ないかもね)

3.“Perilous sports.”
(命を懸ける危険なスポーツ)

4.“This place is unsafe.”
(ここは安全じゃないよ)

5.“Artificial food colorings are harmful.”
(人工着色料は有害だ)

まとめ

<スポンサーリンク>

何か知ってる単語はありましたか?

危険度が一番高いのは、“Perilous”。生命にかかわるほどの危険を表す単語ですが、使う機会はなかなかないしれないですね💦

いつもコメントありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました