「ちょっとお昼寝するねん!」を英語で!【すぐに使える】8選

使える表現
<スポンサーリンク>

予定のない休日、ちょっと横になってお昼寝したい・・・なんて方も多いのでは?ほんの30分でもお昼寝をすると、エネルギーが補充され、身体が楽になるものです。30分どころか、2-3時間お昼寝しちゃったなんてこともありますよね。

それは疲れがたまっている証拠!上手にお昼寝をして、身体を労わってあげましょう!

さて、本題に入りまして、「お昼寝する」は英語で、“take a nap”と言いますが、他にどんな言い方があるのでしょうか。一緒に見ていきましょう!

1.“I’ll take a nap.”
(ちょっとお昼寝するわ)

2.“I take a catnap in the afternoon.”
(午後にはいつもちょっとだけお昼寝するんだ~)

3.“Can I take a quick nap?”
(ちょっとだけお昼寝していい?)

4.“Power nap time!”
(さー、ちょっとだけ横になるかな!)

5.“I must have dozed off.”
(うたた寝しちゃってたわ!)

6.“Time for a siesta!”
(お昼寝の時間だ!)

7.“’I’ll be lying down on the sofa.”
(ソファでちょっと横になってるね)

8.“I’ll catch some z’s after lunch.”
(お昼食べたらちょっと寝るわ)

おまけ

<スポンサーリンク>

“power nap”について。例文にも載せましたが、“power nap”という言葉があります。これは、お昼寝をすることで体力・集中力を補い、パワーアップすることから、そんな風に言うのでしょうが、お昼寝=怠けているという罪悪感から逃れられる最高の言葉なので、私はよく使う言葉です♪

通常、“power nap”とは、30分程度の短いお昼寝のことを指しますので、数時間寝てしまうのであれば、それはもう立派な“nap”となり、“power nap”とは言えませんのでご注意を。

“siesta”は、スペイン語での「お昼寝」ですが、英語圏の人もよく使う言葉なので、使ってみても面白いですよ。

“catch some z’s”は、直訳すると「zを捕まえる」ですね。よく漫画などでお昼寝している人の口から、「zzzzzz・・・」と描かれていることがありますよね。まさにそれです!頭でイメージしやすいのでこれも覚えてやすいですね!

いつもコメントありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました