「そんなつもりじゃなかったんだ」を英語で言うには、これ!すぐに使える【6選】

使える表現
<スポンサーリンク>

そんなつもりじゃなかったのに、物事が思わぬ方向に行ってしまったり、自分の発言で誤解を招いてしまったりすることありますよね。

前回も、チラっと紹介しましたが「そんなつもりじゃなかった」を今回はやってみましょう!

英語学習のポイントは、覚えたら使うこと!インプットとアウトプットの繰り返しです!口に出したり、文に書いたりすることはなかなか大変かもしれませんが、とりあえず、毎日英語に触れることを習慣化していきましょう!

1.“I didn’t mean that.”
(そんなつもりじゃなかったんだよ)

2.“It was not my intension.”
(そんなつもりじゃなかったんだ)

3.“I never meant that.”
(そんなつもりじゃ全然なかったんだけど)

4.“I never wanted this.”
(こうなることを望んでたわけじゃなかったんだよ)

5.“It was never my intention.”
(ホントにそんなつもりじゃなかったんだよ)

6.“I didn’t mean to make you sad.”
(悲しませるつもりじゃなかったんだ)

ネイティブはこう読む!

1.“I didn’t mean that.”

2.“It was not my intension.”

3.“I never meant that.”

4.“I never wanted this.”

5.“It was never my intention.”

6.“I didn’t mean to make you sad.”

おまけ

<スポンサーリンク>

例文にもあるように、“not”を“never”に変えることで「全然そんなつもりじゃなかった」と意味を強調することができます。

また“I didn’t mean to~”を使えば、その後に続ける文章で、具体的に何をするつもりじゃなかったのかを説明することができます。

“I didn’t mean to make you cry.” 「泣かすつもりじゃなかったの」
“I didn’t mean to ask you buy one.” 「買ってほしくて言ったんじゃなかったんだけど」


誰にでも失敗や間違いはあるというもの。こんなフレーズを上手に使って、言い訳と言ったら聞こえが悪いですが、あなたの伝えたいことを相手に伝えらえたらいいですね

いつもコメントありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました