「ゆっくりしていってね!」は英語で?日常英語【4選】

使える表現
<スポンサーリンク>

英語を話せるようになりたいというあなたに毎日お届けする日常英語フレーズ集、今回は「ゆっくりしていってね」。友達が家に遊びに来てくれたときなどに使えますよね。

ここでは、4つのフレーズを紹介していますが、どれも同じくらいよく使われますので、覚えたいものを覚えるといいでしょう。こういう何気ない相手を思う一言が言えるようになると、嬉しいものですよ!

1.“Please make yourself at home.”
(ゆっくりしていってね)

2.“Please make yourself comfortable.”
(くつろいていってね)

3.“Please feel at home!”
(くつろいでいってね)

4.“Please relax!”
(ゆっくりしてね!)

ネイティブはこう読む!

1.“Please make yourself at home.”

2.“Please make yourself comfortable.”

3.“Please feel at home!”

4.“Please relax!”

おまけ:招き入れるときはこう言う

<スポンサーリンク>

友達を家に招き入れるときは、“Please come on in”と“come in”が定番です。

もともと家に入ってくるつもりや、もう門を開けて、もう家に入りかけているときはこの“come on in”を使います。“Please come on in”=「そのまま入って入って」というニュアンスです。

それに対し、“come in”は、相手がまだ家に入ろうとしておらず、手前で立ち止まってる状態のときには、“come in”と動作を促します。“come in”=「ほら、入って入って」といった感じです。

どちらも、“Please”と付けると、感じよくて素敵ですよ!

いつもコメントありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました