「ゆっくりでいいよ!」を英語で言うには?これさえ覚えておけばOKの【鉄板フレーズ】4選

「ゆっくりでいいよ!」の【鉄板フレーズ】はこれ! 使える表現
「ゆっくりでいいよ!」の【鉄板フレーズ】はこれ!
<スポンサーリンク>

「そんなに慌てないで。ゆっくりでいいよ!」と英語で伝えたいとき、何て言ったらいいのでしょうか?

とりあえず、これだけ覚えておけばいいというフレーズは、“Take your time”。まずはこれを覚えて、一緒に使えるフレーズを組み合わせて、より自分の言いたいメッセージに近づけていきましょう

「ゆっくりでいいよ!」の【鉄板フレーズ】はこれ!

1.“Take your time.”
(ゆっくりでいいよ!)

▼参考:「迎えに来て」を英語で言うには?

一緒に使えるこんなフレーズ

「ゆっくりでいいよ!」を英語で言うには?これさえ覚えておけばOKの【鉄板フレーズ】

2.“No rush.”
(急がなくていいよ)

3.“You have enough time.”
(時間はあるんだから)

4.“It’s not urgent.”
(急ぎの用件じゃないんだから)

▼参考:「慌てないで」を辞書で引くと・・・

“Urgent” と “emergency”

<スポンサーリンク>

例文4で“urgent”という単語が出てきました。“urgent”と似たような意味で“emergency”という単語もあり、意味がゴチャゴチャになりがちなので、ここで一度整理しておきましょう。

“urgent”=「緊急の」大至急、対応しなくてはいけない重要事項
“emergency”=「緊急、非常事態」人の命のかかわるような緊急事態

“emergency”はできるだけ使う機会がないことを願いたいものですが、“urgent”はよく使う機会があります。

よく使う場面の代表的な例が今回の「ゆっくりでいいよ。急ぎの用件じゃないんだから」と言いたいとき。

“Take your time. It’s not urgent. と、このように一緒に使われることが多いです。

▼参考:「urgent」を辞書で引くと・・・
▼参考:「emergency」を辞書で引くと・・・

いつもコメントありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました